代表TEL:073-433-4488、地域連携室直通TEL:073-422-8400
医療法人匡慈会 中谷医科歯科病院
病院名変更後も診療科目に変更はございません。引き続き内科診療も変わらず行っております。(歯科を除く)

「和歌山を守り、和歌山の発展に努めます。」

病気にならない為の予防の医学に努め、地域の皆様が安心して安全に医療とリハビリテーションを利用できることで、住み慣れた地域で皆様が安心して過ごせるよう、地域を守り支えます。医療面での人口の流出を防ぎ、住みやすい和歌山を目指します。

「人としての尊厳を大切にします。」

「人が人らしく一生を過ごす為にはどうすれば良いか」を探究し続けます。口腔内の健康を保ち、自分の力で自分の口から食事を摂っていただける環境を目指します。最後まで患者さまの主体的な医療とリハビリテーションを推進します。緩和医療の必要性を十分に理解し、患者さまとご家族の自己決定を尊重します。

「職員が幸せになれる職場を目指します。」

職員が喜び、職員が楽しみ、職員の幸せを地域の皆様に分け与えられる充実した職場を創ります。職員皆が優しさと責任感、向上心を持って、正しい知識と医療サービスを適切に提供できる職場環境の向上を推進していきます。

prof_masato1

中谷 匡登整形外科専門医・リハビリテーション科医師

平素より中谷医科歯科病院にご高配を賜り有難うございます。昭和49年に歯科を母体として誕生した中谷医科歯科病院はこの度病院組織の再編成に伴い、健診部門、歯科部門、内科外来の一部を移転し、中谷医科歯科クリニックと和歌山リハビリテーション病院として生まれ変わる運びとなりました。
現在、和歌山では急速に進む高齢化に対応したリハビリテーション医療サービスが不足し、特に回復期のリハビリテーション医療は不十分な状況です。医療は急速な高齢化にともない、「ひとつの病院で完結する医療」から、「地域で完結する医療」へと変化してきています。
そこで回復期及び地域リハビリテーションの推進を目的にリハビリ室の拡大と整形外科疾患の外来を拡充し、「高齢者や障害をもたれた方々が住み慣れた和歌山の町で楽しく誇りある人生を最後まで送れるように」という願いを込めて、和歌山リハビリテーション病院と名付けました。
当院は急性期病院からのリハビリテーション目的の患者さまを受け入れるとともに、地域医療、在宅医療を受けておられる患者さまが住み慣れた地域や自宅で安心して最後まで生活していただくために、十分なリハビリテーション医療と在宅医療サービスを提供することを使命としております。どうぞこれからの中谷医科歯科クリニックと和歌山リハビリテーション病院をよろしくお願いいたします。

 

prof_masato2
所属学会:
日本整形外科学会
日本リハビリテーション医学会
日本リウマチ学会
資格:
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本医師会認定産業医
日本体育協会認定健康スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
癌診療緩和ケア研修受講修了医
身体障害者福祉法指定医
義肢装具等適合判定医師
がんのリハビリテーション研修受講終了医

平成14年3月 川崎医科大学 卒業
平成15年4月 和歌山県立医科大学 整形外科学教室入局
整形外科、リハビリテーション科を専攻。

主な勤務先:
和歌山県立医科大学附属病院(整形外科、リハビリテーション科)、 阪南市民病院、社会保険紀南病院、国保野上厚生総合病院、国保日高総合病院、済生会和歌山病院、在宅医療専門医院かがやきクリニック、平成26年4月より中谷医科歯科病院勤務

PAGE TOP ▲